人工乳房と人工ニップル・乳首のナチュラルブレスト

乳がん手術後の選択肢 貼る人工乳房

乳がん手術後のホルモン治療による大幅な体重増加で人工乳房が合わなくなることが。

乳がん手術後のホルモン治療による大幅な体重増加で人工乳房が合わなくなることが。

バルーンタイプのフルオーダーメイド人工乳房をつけるとくぼみができちゃって体に合わないのですがというご相談を受けました。

弊社本部に製品を送ってもらい空気が漏れているのではないかとか調べたり調整して見たりしましたが不具合がわかりませんでした。

その後のお客様とのやり取りで体重がかなり増加していることがわかりました。
乳がん手術後のホルモン治療でありがちなことで、体重がかなり増加することがあります。

今回の件は、体重増加によりいつもの場所に貼り付けタイプの人工乳房を装着したところ体の形状が変わっている為に中央よりの部分に凹みができてしまっていたのでした。

つける位置を外側にずらすことで解決しました。あまりに合わないときには体重が増加した体形で再度作り直しをした方が体にしっくりくるかもしれませんね。

乳房再建手術のインプラントも同じようなことが起こります。
体重が増加した場合、健側の乳房は大きくなり乳房再建手術をした乳房の大きさは変わらないのでアンバランスになったりします。体重増加には注意しましょう。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
0120661167