人工乳房と人工ニップル・乳首のナチュラルブレスト

乳がん手術後の選択肢 貼る人工乳房

【相談】乳房再建手術後10年以上経過し形が合わなくなってきました。

【相談】乳房再建手術後10年以上経過し形が合わなくなってきました。

インプラントを挿入した再建手術から10年以上経ちました。自前の乳房の形はどんどん崩れていくのに、インプラントは形をキープしたままで、違和感がどんどん増しています。また、今は特に異常ありませんが、インプラントの自主回収について知り、不安もあります。人工乳房の装着タイプに替えるべきか、悩んでいます。

まず、乳房再建手術にしろ人工乳房にしろ完璧なものではないという考え方をすることが大切かと思います。それぞれのメリットやデメリットを考えて今後のことを決めていくことも肝心なのではないかなと思います。

まず乳房再建手術用のインプラントを入れた乳房は経年でも形はそのままなので、健側の乳房が経年で下がっていきバランスが悪くなるのは仕方がないことかなと思います。その上で10年以上経過した場合、インプラントを新しいものに取り換える手術の際に現状に合わせた形にするという方法があるのかなと思いますので担当医にご相談されてください。≫私どもは医師ではありませんので再建手術に関してはこれくらいのことまでのアドバイスとします。

付け加えますと現在保険適用になっているインプラントですが2019年7月25日のニュースで発がん性があるということでリコールになりました。そのことをご心配されているようですがこれも担当医にご相談ください。

私どもの人工乳房はシリコーンが胸に自己粘着するタイプなので寝るときは外して寝ることができます。リアルな彩色をしていますので本物にとても近いものです。つける位置を変えることでブラの中に入れたり温泉に裸体で入ったりする際に対応できるのも良いところです。実際にナチュラルブレストのサロンで試着してみるとその良さは、すぐに実感できるのではないかと思います。

悩まずに担当医に相談したり弊社のサロンで人工乳房を試着したりしてよく理解した上で今後のことを決めていって後悔しないようにしてくださいね。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
0120661167