人工乳房と人工ニップル・乳首のナチュラルブレスト

乳がん手術後の選択肢 貼る人工乳房

【相談】全摘出- 「病院でおっぱいを失くした」とご相談の電話が入りました。

【相談】全摘出- 「病院でおっぱいを失くした」とご相談の電話が入りました。

全摘出- おっぱいを失くしたと電話が入りました。

焦った声でした。

「病院でパッドを落としてしまったんです。病院のどこかにあるだろうけど恥ずかしいので連絡できない」とお電話が入りました。

実は使ってないけどと他社の100万円したという人工乳房をお持ちになってご来店されました。 その人工乳房は、使ってないとのこと。「高価なものなのにどうして?」とお尋ねしたら3つの理由をおっしゃいました。

①体に面する部分が固いので体の動きにフィットしない。
②重い
③装着剤を使うので面倒くさい。

この3つが使ってない理由だそうです。

ナチュラルブレストの人工乳房をお見せしたところ触って確かめられ「これは軽くて柔らかくていいわ」とすぐに気にいってくださいました。 普段使いなら「人工乳房の裏側に配置している粘着剤ゲルフィット」で着脱できるのも気にいってくださいました。セミオーダーメイド人工乳房を気に入ってくださり、ご購入頂きました。

治療の為、お肌の色が既製品のお色目4色の中では合わなかったので、プレミアム彩色でお胸の色に合わせてライブでお色付けしました。自分のお色にぴったりでとても喜ばれました。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
0120661167