人工乳房と人工ニップル・乳首のナチュラルブレスト

乳がん手術後の選択肢 貼る人工乳房

東北公済病院で今年2回目の人工乳首&人工乳房説明会を実施。

東北公済病院で今年2回目の人工乳首&人工乳房説明会を実施。

東北公済病院で今年2回目の人工乳首&人工乳房説明会を実施。

2018年10月15日月曜日

乳房再建手術をかなり実施されている東北公済病院。ナチュラルブレスト仙台サロンの佐藤が2回目の説明会に参加させていただきました。「再建サロンぷらす」には20人弱の人たちが集まってきてくださいました。

ナチュラルブレストの人工乳首は乳房再建手術をされた患者様向けに製造しています。というのは乳房再建手術をしたあと、乳首は再度乳首の再建手術をしなくてはならないのです。もちろん乳首の再建手術をされる患者様も多いのですが、乳房再建のみで終わらせている方も多数いらっしゃいます。そのような乳がん患者様向けに開発したナチュラルブレストの人工乳首はその種類が圧倒的に多いです。

つまり・・

形状は6種類ご用意しています。通常の形状で、SS・S・M・L その他に陥没タイプ、さらに乳頭がやや大きくて傾いている形状のもの・・授乳などによりこのような形状の方が多いので標準でご用意しました。お色目は15色ご用意しています。そのお色は乳輪と乳頭と別々に選べます。

さらにお客様の乳輪の形状の計測と写真撮影により、サンプルよりもお客様よりに仕上げていきます。つまりオーダーメイドに近いような仕上がりになっていきます。ここまでやっているのはナチュラルブレストだけ。それは女性スタッフだけで運営されているからこそ、「私が患者様だったらここまでして欲しいよね」を製品に反映しています。

人工乳首のご案内はコチラから

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
0120661167